ラッキー村アルト氏のマンガ「はちみつというバタフライ」を読みました。

様々なアトリエがある街路を舞台に、職人といった職人を補佐するプロップマンの人モデルを描いた短修正だ。

最初ストーリー瞳は、フィギュアアトリエの職人ニコラの内容でした。

フィギュアリサーチにおいては天才的な役割がありながら、それ以外のことはさっぱりまともにできず、付き合いも苦手なニコラ。

これまで何人ものプロップマンに逃げられているのですが、新しくやってきたレオンはあんな二コラといった仲良くなろうという奮闘します。

二コラに振り回されながらも、どこまでも優しいレオンが本当にいい人でなごみました。

二ストーリー瞳は香水アトリエのシェリーといったそのプロップマンですアルマの物ストーリーでした。

市民の面前で頭からバケツ一杯の紅茶をかぶったり、空気につられて動揺を繰り返したりって、奇行の際立つシェリーの人格が面白かっただ。

そうして三ストーリー瞳はリングアトリエの職人ジルとそのプロップマンですリタの物ストーリーでした。

こういうジルが、軽々しい曲調で生ぬるいうたい文句をささやきめくるプレイボーイタイプで笑えました。

そういったジルを賢くあしらいつつ助けるリタには、凄く好感が持てました。

全体を通してフィクションもののかわいらしいスタンスが広がっていて、優しい気持ちになれる素敵な最初冊でした。フラコラ プラセンタ