来週、めっきり仲の良い同僚が、オーストラリアに発ちます。

昔からEnglishが得意で、次海外で暮らしたいという妄想を叶えてのことです。

空いた時間で日雇いを通して、せっせと金銭を貯め、渡航源を作りました。

そうしてあそこでワーキングホリデーという形式を売るらしいです。

はじめは「次行けたらよろしいなぁ」という感じで話していたんだけど、しばらくお金がたまるといったいっぺんに対談が進み始めました。

最近、同僚はとても楽しそうに設定をしていますが、正直僕はちょい寂しいだ。

毎日のようにラインを通して、週間に1度は一緒に出かけていた同僚が海外に行っちゃうなんて…。

それにオーストラリアといえども、前もって治安は心配です。

まさに住むのは割と安心で邦人も多いシドニーらしいのですが、僅かおっちょこちょいなコなのでセキュリティーかなぁ、など。

これを自己に言ったら、「全く私の妻チック」といった笑われました。

本当にその通り、わが輩を送りだす婦人という心境だと、私も思わず笑ってしまいました。

も、同僚が努力してやっと掴んだ妄想。

笑顔で送り出してあげたいだ。

そうして私も頑張って集積を通して、オーストラリアの家内のところに遊びに行く!

それを目標に私も負けずに頑張りたいなぁ?セルビック Eエッセンス